月木レーシング裏ブログ
月木レーシングでの作業やレース関係の情報などを中心にお届けしていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔の8耐その2
まいどです。
昨日に引き続き、過去の8耐ネタです。

いまさらだけど8耐って世界耐久選手権シリーズの中の1戦なのはご存知でしょうか?
シリーズ線なので転戦しているチームの機材一式は、ヨーロッパから送られてきます。

この年2003年はシリーズを転戦している機材一式を搬入しました。
2003 8 2 SUZUKA8H 001aa
トラックから出してフォークリフトでピットまで運んでくれます。
2003 8 2 SUZUKA8H 002bb

このときはGSX-R1000で走りました。
うろ覚えだけど、スパの24時間レースを走ってそのままクレートにつめて来たって行ってたような。
鈴鹿にきてからシャシダイナモを使って、FIのセッティングをしたなぁ。
a2003 8 3 SUZUKA8H 001

今の8耐はレギュレーションで使えないけど、当時はペンタゴンシステムを使ってました。
わかりますか?
リヤホイルのスプロケットハブはホイルを外しても残ります。
要するに、チェーンの着脱をしないから早いです。耐久レースでは必要な装備ですね。
何秒で作業出来ていたかは忘れたけど。
2003 8 15 261

昨日の記事にも書いたけど、この車両も前後オーリンズを使用してます。
理由は昨日書いたのと同じです。

スズキの車両でレースをやったのは2003年だけでしたが
当時はスズキ車が多かったのですが、それが納得できました。
ほんと、良く出来たオートバイでした。
初めてシングルフィニッシュすることが出来たから、そう感じるのかもしれないが。

とりあえず、この辺で。




バイク ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bicsurf.blog.fc2.com/tb.php/167-2610cc91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。