月木レーシング裏ブログ
月木レーシングでの作業やレース関係の情報などを中心にお届けしていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイヤワンメイクなのか
まいどです

今書いてた記事が全部ふっとびました・・・ 
( ̄□ ̄;)

マジFC2やめようかな、

なにを書いていたかって言うと
来シーズンのST600クラスのタイヤワンメイクが決まったらしいってことっす。

①メーカーはBS
②ハイグリップタイヤではなくツーリング向きのタイヤらしい
③タイヤウォーマーの使用不可!!!

メーカーに関してはいろいろ大人の事情があると思うのですが
他メーカーの契約チームの動向が気になります。

ハイグリップタイヤではなく街乗りに適したタイヤに変更になった理由が良くわかりませんが
これは全員イコールコンディションなので、いいのかな

タイヤウォーマーが禁止になるのはナゼなのか、よくわかりません。
温度依存の低いツーリングタイヤを使うので、問題ないって解釈なのか?

昔SP750ってレースがあってその時代は750用のハイグリップタイヤ(スリックは禁止)が無くて
普通のストリート用タイヤを全員はいてた。
たしかSUGOで5LAPしたらズルズルになってたような記憶があります。
でも、全員同じ条件でしたのでしかたなかったですね。
このときは、タイヤのライフが短すぎるのでスリックでレースもありだったかもしれません。

また昔話になるけど、タイヤウォーマーは今でこそ当たり前ですが昔はありませんでした。
全員使っていないけど、それなりにタイヤの温度を考えたりしてました。

昔でも、冷えたタイヤより温まったタイヤの方がグリップするのはわかっています。

自分でやっていたのは、
サイティングラップは一番最後に出て行って少しでも他より温度が下がる時間を遅らしたり。
まぁ、実際はほとんど効果は無かったと思う。気分の問題が大きかったと思う。

「自分のタイヤは他のライダーより温度は高いからガンガンいけるぜ」 みたいな。

話が脱線してしまったけど、ワンメイクは全員が同じなのでいいと思います。

しかし、タイヤウォーマーが使えないのは???です。
絶対的なグリップの低いタイヤ=タイムは落ちる
ウォーマーが無い=スタートからファステストラップのペースを刻むのは無理

要するに、エンターテイメントに欠ける方向になるのは明白でしょ。

ワンメイクでイコールコンディションは賛成だけど
このMFJがやろうとしているルールは、どこに行きたいのかよくわからない。

地方選ならいいかもしれないが、全日本は魅せるレースにして欲しいと思うんだけど。

あ、長文になってるので失礼します。

じゃ


バイク ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bicsurf.blog.fc2.com/tb.php/174-c3dec8ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。